« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

派遣法改正見送りへ 厚労省、逆転国会で断念

派遣法改訂の関連ニュースです。 (きのえね)

朝日新聞 11月29日 就職・転職>ニュース
派遣料金の公開を要請へ 厚労省、マージン明らかに
http://www.asahi.com/job/news/TKY200711290236.html

朝日新聞 11月30日08時17分 政治>国政
派遣法改正見送りへ 厚労省、逆転国会で断念
http://www.asahi.com/politics/update/1129/TKY200711290365.html

2007年11月27日 (火)

夜空に響くシュプレヒコール(裁判と行動・報告と次回日程)

6xbmlphd
今日(27日)、午後4時から開催された第8回弁論では、今後の進め方について議論が行われました。

裁判終了後、阿波座センタービル(Kさんが仕事をしていた野宿生活者巡回相談室があるところです)前で午後6時過ぎまでちらしまき、シュプレヒコール、マイク情宣を行いました。Kさんに、「ご苦労さま」と声をかけてくれた職員の方もありました!
 夜空に響くシュプレヒコール。気持ちよかったっす。smile
 傍聴、抗議・宣伝行動とご参加くださった皆様、ありがとうございましたheart

◆自彊館闘争(Kさん裁判&行動)次回日程◆

 ☆裁判日時:12月12日(水)午後2時15分
 ☆裁判場所:大阪地裁617号法廷
  (京阪・大阪地下鉄 淀屋橋下車)
  傍聴支援よろしくお願いします。
 
 *裁判の前段に抗議・情宣行動を行います。
  こちらもぜひご参加ください。
 ★行動日時:12月12日(水)正午
 ★行動場所:阿波座センタービル前
  (大阪地下鉄 阿波座駅2番出口すぐ)
  行動終了後、裁判所に移動します。

 
(so)

2007年11月21日 (水)

「ハケンの変革」次回期日のお知らせ

building 西尾仁秀さんVS近鉄ケーブルネットワーク株式会社(KCN)、マンパワー・ジャパン株式会社 (Manpower)の最後の弁論準備のお知らせです。
http://revolution4haken.blogspot.com/2007/11/blog-post_12.html

次回裁判期日:
2007(平成19)年          
12月5日(水) 午前11時00分


裁判所 :奈良地方裁判所民事合議1係

事件番号:平成18年(ワ)第348号

相手方 :
近鉄ケーブルネットワーク株式会社(派遣先)
マンパワー・ジャパン株式会社 (派遣元)

また、前回11月7日の弁論準備の報告
http://revolution4haken.blogspot.com/2007/11/2007117.html
と陳述書
http://revolution4haken.blogspot.com/2007/11/blog-post_13.html
も更新されています。

(H)

2007年11月19日 (月)

「自彊館闘争」第8回口頭弁論のお知らせ

次回口頭弁論のお知らせです。
ご参加・ご注目、よろしくお願いします!

(H)

(転送歓迎)
◇◇◆◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇
   性同一性障害を理由にした不当解雇に反対する裁判
     「自彊館闘争」第8回口頭弁論のお知らせ

 ■ 日時: 11月27日(火)午後4時〜

 ■ 場所: 大阪地方裁判所第617号法廷
   (御堂筋線・淀屋橋あるいは、京阪・淀屋橋下車、徒歩7分)   

 ■ 地図: 
http://www.courts.go.jp/osaka-h/about/syozai/osaka_h.html

 ■裁判終了後、街頭宣伝行動を行います。
  ◇場所:阿波座センタービル前(大阪地下鉄駅2番出口)
  ◇日時:11月27日(火)午後5時過ぎからを予定
   裁判の状況により時間帯が変更される可能性があります。
   当日の問合せは『090−9254−9931』です。

 ■ 連絡先: 関西非正規雇用等労働組合ユニオンぼちぼち
   tel/075−681−6904
    e-mail/botiboti@rootless.org
         HP/http://rootless.org/botiboti/main.htm

 ■ 自彊館裁判とは?
 2004年9月から約1年半、大阪市野宿生活者巡回相談事業で働いていたKさんに、06年3月、突然の雇い止め通告。雇い止めは、Kさんの性同一性障害を差別した不当なものです。「男か女かはっきりしろ」、「野宿者から蔑視される」など差別的な言葉を浴びせかけられたあげく、仕事を取り上げられ、雇い止めにされました。
 雇用主の社会福祉法人大阪自彊館(じきょうかん)側は、団体交渉の席上、雇い止めには正当な理由がないことを認めていますが、セクハラを認めず、雇い止め撤回もしません。Kさんは、このまま泣き寝入りはしたくないと、性同一性障害に対するセクハラへの謝罪と雇い止め撤回を求める、裁判闘争に立ち上がりました。
 2006年10月11日に大阪地裁に提訴しました。裁判はいま第8回口頭弁論を迎えようとしています。
 どうぞ、ご支援ください。

--------------------------------------ご支援とカンパのお願い
 裁判には、多大な費用がかかっております。皆様からのカンパで、この裁判闘争は成り立っています。いままでも多くの方からご支援をいただいてきました。裁判は続きます。勝訴に向けて、裁判とKさんの生活を支えるために、さらなるご支援をよろしくお願いします。

 自彊館闘争支援カンパ 1口1,000円(何口でも)
 郵便振替の場合(自彊館闘争支援と明記ください)
 加入者名 ユニオンぼちぼち
 振替番号 00900−8−263985
 *お名前の公表可否もお知らせください。
◇◇◆◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇

日曜営業を巡り、憲法違反と教会が提訴 ドイツ

憲法に「日曜日および祝日は、仕事の休日として法律上保護される」と書いてあるなんてすごい国ですね。日本の憲法にもぜひ入れたい。  (H)

―――

日曜営業を巡り、憲法違反と教会が提訴 ドイツ
http://christiantoday.co.jp/international-news-1262.html
 ドイツの首都ベルリン市で昨年改正された、小売店の日曜・祝日営業を規定する「閉店法」で、日曜・祝日の営業禁止が大幅に緩和され、「日曜日および祝日は、仕事の休日として法律上保護される」とする憲法に違反するとして、ドイツのプロテスタント、カトリック両教会がこのほど連邦憲法裁判所に提訴した。時事通信が17日伝えた。

 同通信によれば、教会側は、ドイツの憲法にあたるドイツ連邦共和国基本法に、日曜・祝日には仕事を休むことが明文化されている点を挙げ、日曜営業によって家族と共に過ごす時間が脅かされると主張。「単に経済的観点から、安息日を犠牲にすることは許されない」と訴えている。

 ドイツの閉店法は1956年に制定され、ガソリンスタンドや薬局、駅の売店などの例外を除き、小売店の営業時間を厳しく規定している。他国に比べて不便、例外扱いされる店とそうでない店の間の不公平さ、新たな雇用創出の可能性などの理由から、営業時間の拡張など96年に一部改訂が加えられたが、日曜・祝日は閉店と決められていた。

 しかし、連邦制度改革の一環として同法に関する権限が国から州に移譲され、州と同格であるベルリン市では昨年秋に月〜土曜までを終日営業可能にし、日曜・祝日の営業も年間10日までは認めるという法律が成立した。
[2007-11-19]

2007年11月12日 (月)

11月23日、一斉労働相談 !!

ユニオンぼちぼちでは、「ユニオンYes!キャンペーン」の一環で、11月23日(金・祝)に一斉労働相談を行います

「ユニオンYes!キャンペーン」について下のブログで。
http://unionyes.exblog.jp/

danger困っている方は是非お電話下さい。
 また、周りで困っている人がいたら教えてあげて下さいdanger

ぼちぼちが力になります
                           (H)

(以下転送歓迎)
★11月23日(金)に一斉労働相談を行います!

「どうにかならへんかなぁ」

今の働き方や職場に不満や疑問はありませんか?
その不満や疑問の解決に、ユニオンが力になります。

◎相談はこちらに
 ユニオンぼちぼち(関西非正規等労働組合)
 075−681−6904
 受付時間 10:00−19:00
 (相談無料・秘密厳守)

ユニオンぼちぼちでは、これまで毎週土曜日に電話による労働相談を受け付けてきました。今回は「ユニオンYes!キャンペーン」の一環として、11月23日(金)、全国のユニオンとともに一斉労働相談に取り組みます。

「残業代が支払われない」
「いきなり給料を減らされた」
「最初に言っていた労働条件と違う」
「明日から来なくていいと言われた」
「会社が社会保険に加入してくれない」
「セクハラやパワハラに悩んでいる」

こうした問題をかかえていて、どうしていいのか分からずこまっている方は、ぜひお電話を下さい。
ユニオンぼちぼちが力になります。

★ユニオンぼちぼちは、派遣、フリーター、日雇、正社員、パート、いま仕事がない人でも、誰でも、一人でも入れる労働組合です。ユニオン(労働組合)は、労働法に保障されている権利を使いながら、あなたのかかえる仕事の問題を解決していきます。
 加入していただければ、会社と交渉をしたり、労働基準監督署にいっしょに行ったりと、一人ではなかなかやりにくいことの力になります。
HP http://rootless.org/botiboti/main.htm
ブログ http://blog.kansai.com/unionbotiboti

2007年11月 9日 (金)

闘う女性マッサージ師

きょうとユニオン第一物産分会の闘いが読売新聞(11月7日付)に取り上げられました。

(以下一部引用)

京都・四条河原町のサウナ店が閉店した。レジャー多様化の波をかぶって赤字が膨らみ、外資系企業に債権を買い取られた運営企業が系列店のリストラに乗り出した。「雇用を守れ」「閉鎖撤回」。従業員らは手書きの横断幕を掲げて、店での泊まり込みを続ける。最高齢71歳から44歳までの女性マッサージ師ら19人。「お客さんのためにマッサージを続けたい」と口をそろえ、閉鎖された店内で、厚いタオルを1枚1枚たたみながら、客の訪れを待っている。(沢野未来)

(H)

11月のスケジュール

11/9(金)、11/10(土) パート・派遣・偽装請負 全国一斉ホットライン (10:00〜19:00)
 075-691-6191(きょうとユニオン)

11/11(日) ユニオンYes! キャンペーン「一斉労働相談」に向けたビラまき 13:00から 六角広場

11/16(金) ユニオンYes! キャンペーン「一斉労働相談」に向けたビラまき 8:00から 四条烏丸

11/17(土) トークカフェ17:00より 水炊をやめてキムチ鍋 beer

11/18(日) 「レインボーパレード@立命」
学園祭当日企画「Rainbow Parade2007」15:00〜(14:30受付開始)

11/23(金) ユニオンYes! キャンペーン〜「一斉労働相談」に参加@きょうとユニオン
 075-681-6904
 http://unionyes.exblog.jp/

11/24(土) 集会・デモ「生きさせろ 戦争をするな」集会1:30〜3、デモ3:15〜4:15 @御射山公演

building 11/27(火) 自彊館裁判@大阪地裁 16:00から 大阪地裁617号法廷。 (組合員には交通費支給)

memo 12/1(土) ミーティング @事務所 17:00〜 2時間ほど

(H)

2007年11月 6日 (火)

国会で労働法関連が動いています。

小沢騒動のまっただ中にあっても、国会は動いている。(きのえね)

----------
朝日新聞 2007年11月06日 暮らし>暮らし一般
最低賃金法修正で合意 与党と民主
http://www.asahi.com/life/update/1105/TKY200711050328.html

読売新聞 2007年11月1日 政治
労働2法も修正協議入り…政府・与党と民主
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071101i117.htm?from=navr

日本経済新聞 2007年10月31日 政治
労働基準法改正案、今国会成立を断念・雇用2法案は成立狙う
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20071101AT3S3100W31102007.html

2007年11月 4日 (日)

団結まつり、参加しました(Kさん支援)

E4tmukhk 戦争と貧困にNO!変えよう社会を!11.4団結まつりに参加しました

 晴天の11月4日、大阪・扇町公園で開催された団結まつりに初参加しました。
 模擬店では衣類と本を販売、おとなりは釜が崎パトロールの会のみなさんのホルモン煮(150円)。う〜む、よく売れてる感じ。衣類と本(本は少し売れました)はほとんど売れてない・・。
 
 しかし!
    Kさん支援のカンパは予想以上に集まりました。
    みなさん、ありがとうございますっ!
    特に、ステージでの訴え(写真参照)の後は
    カンパ箱に千円札がどんどん入りました。
    ほんっとにありがとうございますっ!


    自彊館をよく知る方々ともお話ができ、
    その評判の悪さにびっくりりしたり、やっぱりと思ったり。
 

     国労闘争団のみなさんも汗だくで
     牡蠣の酒蒸しやら
     牡蠣の酒蒸しやら
     牡蠣の酒蒸しやら(しつこい!)を販売。ものすごくうまかったっす。
 

 一日中でちょっと疲れましたが、楽しい一日でした。
 参加された組合員のみなさん、お疲れ様でした。
 カンパ、激励をくださったみなさん、ありがとうございました。
 椅子や文具などをお貸しくださった扇町テント村(というのでしょうか)の
 みなさん、ありがとうございました。
 実行委員会のみなさんもありがとうございました。

簡単ですが、取り急ぎのご報告でした。
             
                                         (so)

 
Powered by Six Apart