« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月24日 (木)

〜井筒監督と憲法を語る〜

日が迫っておりますが、「憲法を活かす郵政労働者の会」の取り組みをご案内いたします。
郵政労働者でなくても参加できるので、よろしくお願いしますsmile

〜井筒監督と憲法を語る〜
日時:1月27日(日)午後1時45分開場、午後2時15分開会
場所:ラボール京都2階大ホール
参加協力費は500円(中学生以下無料)

2008年1月10日 (木)

「ホームレス法的支援者交流会設立記念シンポ(総会)」のお知らせ

日が迫っておりますが、下記の企画に組合員がシンポジストとして参加しますので、よろしくお願いします。

(H)

(転送・転載歓迎)

2008.1.14「ホームレス法的支援者交流会設立記念シンポ(総会)」のお知らせ

格差と貧困の拡大の中で、究極の貧困問題ともいえるホームレス状態におかれた人々をめぐる状況も依然として深刻であるといわざるをえません。

そんななかで全国各地で路上や自立支援センター等での相談等に取り組んできた私たち法律家・支援者は、法的な観点からの支援について情報交換と交流を深めるべく2004年京都で第1回の「ホームレス法的支援交流会」を開催して以降、年3回から4回程度の交流会を重ねてまいりました。

そしてこのたび、相談・支援体制の充実させ取り組みをより豊かなものにしていくべく、団体として「ホームレス法的支援者交流会」を立ち上げることにいたしました。

そして当交流会のスタートにあたりまして下記のとおり記念シンポジウムを企画しております。まだ年末年始のあわただしさの残る時期の開催ではございますが、皆様ぜひご参加ください。

              記
「ホームレス法的支援者交流会」設立記念シンポ(総会)」
法的支援を必要とするのは誰か?−拡大するホームレス問題−
日時 2008年1月14日午後1時半
場所 旧・東淀川勤労者センター(大阪市東淀川区東中島4-4-4)
(地図 http://www20.big.or.jp/~kkendo/higasiyodogawa.htm
資料代
弁護士・司法書士 2000円
一般 500円
 内容
�NPOダンスボックスによるダンス
�記念シンポ
 「法的支援の必要性−拡大するホームレス問題−」
 生田武志(野宿者ネットワーク)
 黒川渡(くろかわ診療所医師)
 谷口伊三美(東淀川区ケースワーカー、
       薬物依存症からの回復支援・フリーダム常任理事)
 中村研(ユニオンぼちぼち/派遣労働ネットワーク・関西)
 木原万樹子(弁護士・当交流会共同代表予定者)
�NPOココルームによる紙芝居・むすびについての映像作品上映
�各地の取り組みの報告
�当交流会設立総会

(以上)

雨宮処凛と考える反貧困

「生きさせろ! 雨宮処凛と考える反貧困 近畿三都物語」プロジェクトにぼちぼちも参加することになりました。

よろしくお願いしますsmile
(H)

以下、転送転載歓迎↓

======================
生きさせろ! 雨宮処凛と考える反-貧困 近畿三都物語

 「好景気」が続き大企業は史上空前の利益を得ている一方で、日本社会の貧困は拡大し深化しています。
 働いても働いても生活できない「ワーキングプア」が増大し、ネットカフェ難民をはじめ、貯蓄ゼロ世帯、多重債務者などが急増し、自殺者は毎年3万人を超え、国保料を払えず保険証が取り上げられ、医療を受けられず死にいたる人や、生活保護を受けられずに餓死にいたる人など、「健康で文化的な最低限度の生活を受ける権利」(憲法第25条)が侵害されています。
そして、貧困は世代を超えて拡大し、将来の夢を描けないフリーターや非正規雇用が増大しています。
 貧困の拡大は、競争に勝てない人々の「自己責任」ではなく、労働分野での規制緩和や社会保障の給付削減・負担増を推し進めてきた、政府の「新自由主義・構造改革」が生み出したものです。
 ますます生きづらくなっている若者の将来を考えるため、「反貧困」をテーマに、生活も職も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み取材・執筆・運動されている雨宮処凛さんを、神戸・大阪・京都にお招きし、学習・交流企画を開催します。


神戸企画「生きさせろ! 貧困と労働を考えるシンポジウム」(仮)
 日 時 08年2月16日(土)14時〜16時30分(開場13時)
 開 場 神戸市勤労会館 403+404号室
      市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩10分
       神戸市中央区雲井通5丁目1-2 電話078-232-1881
 パネリスト 雨宮処凛さん(作家)
        河添誠さん(首都圏青年ユニオン)
        藤藪貴治さん(北九州大学非常勤講師)
 参加協力費 500円

 ※生活と職に不安を持つ若者を取材されている雨宮処凛さんと、「反貧困たすけあいネットワーク」を立ち上げた首都圏青年ユニオンの河添誠さん、「ヤミの北九州方式」など生活保護問題に詳しい藤藪貴治さんを交え、生きづらい、働きづらい社会をどのように考えていくか交流します。

大阪企画「雨宮処凛と語ろう、Vegasでオーオー!」(仮)
 日 時 08年2月16日(土)19時〜22時
 開 場 LIVE BAR VEGAS
       (大阪・地下鉄長堀橋駅南5分、日本橋北5分)
       大阪市中央区東心斎橋2-1-5ゴールデン第一プラザB1F 電話
06-6211-2620
      
 第1部 雨宮処凛さんトークライブ
 第2部 平和と反貧困の井戸端会議(参加者のアピールタイム) 
      司会 遊牧民
 参加協力費 500円  ワンドリンク500円 
 ※深夜はホストクラブになるVegasで、雨宮処凛さんと「青年の主張」を交流します。
  アピールタイムでの出演も募集してます。
  (市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com まで事前申し込みください。)

京都企画「雨宮処凛と“すごい生きかた”語り合おう!」(仮)
 日 時 08年2月17日(日)午後14時〜16時30分(開場13時)
 開 場 京大会館101号室
      ・京都駅より市バスD2のりば(206)「京大正門前」下車
       ・三条京阪より京都バス17番のりば出町柳経由系統「荒神橋」下車
       ・京阪電車「丸太町駅」下車徒歩7分
        京都市左京区吉田河原町15-9 
電話075-751-8311
 参加協力費 500円
※雨宮さんと参加者で「働くこと、生きること」に関して、
 「しんどい時にしんどい!と言い合える社会」にするにはどうしたらいいか交流します。
※京都市民の皆さん、この日は京都市長選挙の投票日です。
 ぜひ投票に行かれてご参加くだされば幸甚です。
 
<雨宮 処凛 さん プロフィール>
 1975年、北海道生まれ。幼少期からイジメを受け、
 10代はリストカット、家出、ビジュアル系バンド追っかけに使い果たす。
 21歳のとき、右翼団体に入会。愛国パンクバンドで活躍。
 00年、自伝『生き地獄天国』(太田出版)で作家ビュー。
 以後、右は辞め、執筆活動に専念しながらも、北朝鮮、イラクへと渡航を繰り返す。
 現在は新自由主義の中、生活も職も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み、取材、執筆、運動中。
 『雨宮処凛のオールニートニッポン』(祥伝社)
 『生きさせろ!〜難民化する若者たち〜』(太田出版)など著書多数。
 「雨宮処凛公式ホームページ」http://www3.tokai.or.jp/amamiya/

★プロジェクトの協力者募集中
 このプロジェクトは近畿各地の様々な個人・グループ間でゆるやかに結びついて実施しています。
 プロジェクトの趣旨に賛同される方のご協力を募集しています。
 企画費用は、当日の参加費と個人・団体のカンパだけでまかないますので、宣伝や当日のお手伝いなど、可能な限りのご協力いただくだけで結構です。

★事前申し込みなしでも参加いただけますが、
 人数把握のために(市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com)まで
お申し込みいただければありがたいです。
  
主 催 「生きさせろ! 雨宮処凛と考える反貧困 近畿三都物語」プロジェクト
連絡先 市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com

======================

2008年1月 9日 (水)

佐川・グッドウィル・二重派遣

【日本経済新聞】 社会 2008.01.07
佐川系企業が二重派遣・厚労省が事業改善命令へ
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080107AT1G0700N07012008.html

【朝日新聞】 就職・転職 2008.01.07
佐川子会社が二重派遣 グッドウィル労働者 改善命令へ
http://www.asahi.com/job/news/TKY200801060156.html

【中日新聞】 社会 2008.01.07
佐川子会社に改善命令へ 厚労省、労働者を二重派遣
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008010701000186.html

----------
投稿者:きのえね

2008年1月 5日 (土)

新設? 有期雇用契約の打ち切り予告義務

朗報? それとも? 詳細見ないとよく判りませんが・・・(きのえね)

日本経済新聞 2008.01.05 最新ニュース
有期雇用契約、打ち切り予告義務に――厚労省、3回以上更新で
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/top/index.cfm?i=2008010408539b1
Powered by Six Apart