« 残業代のたたかい、グッドウィルの行く末・・・ (きのえね) | メイン | 「労働者派遣の原則禁止化」を求める要望 »

2008年7月26日 (土)

今年の最低賃金はどうなることやら・・・

ていうか、大手マスコミもっと取り上げて (きのえね)

【NHK】 最低賃金引き上げ 労使が対立
http://www.nhk.or.jp/news/t10013086421000.html

【時事通信】 最低賃金、交渉物別れ=労使の溝埋まらず−厚労省
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2008072300659

【47NEWS】 10月1日の引き上げ困難か 最低賃金の小委員会
http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008072301000582.html

厚生労働省関係審議会議事録等 中央最低賃金審議会
http://www.mhlw.go.jp/shingi/tingin.html#top

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/368546/16232536

今年の最低賃金はどうなることやら・・・を参照しているブログ:

コメント

非正規雇用の論議より“最低賃金”の論議が格差社会を是正する

◆問題は「賃金格差」
非正規雇用対策に注目が集まってしまい、“格差”の論議の影が薄くなっています。しかし、一番重要な問題は“賃金格差”なのです。同じように仕事をして、賃金に格差があること、これ自体が最大の問題なのです。わが国ではこれまでの終身雇用制と年功序列が、「同一作業、同一賃金」の問題を複雑にしました。この道は、先が長く険しい道のりです。

◆今こそ「最低賃金見直し」論議を

 しかし、正規社員も非正規社員も同様に仕事をして格差が是正されて行けば、雇用の流動化はスムーズに行え、そして日本の新しい雇用形態となっていくものと考えます。そこで、この不況時にこそ「最低賃金の見直し」の論議と実施をすべきです。パートタイムやアルバイトの多い業界からの反発が予想されますが、それこそ雇用対策の助成金を活用し、3年~5年をかけて補助金額を逓減していけばソフトランディングも可能です。そして、これらが曳いては、わが国の内需拡大を早める最適な方策と考えます。
詳細は下記をご覧下さい
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

コメントを投稿

Powered by Six Apart