« 「TOTO」偽装請負労災訴訟 | メイン | 毎日新聞の社説―生活保護 (きのえね) »

2008年9月11日 (木)

マンションの住み込み管理人の時間外労働の問題

ユニオンぼちぼちとしても重視したい判決です。

『プラモデル作り、晩酌も残業  管理人に420万円支払い命じる』
http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090901000718.html
管理会社側は、管理人室での晩酌や夕食後に趣味のプラモデル製
作に充てた時間は残業時間から除くべきだと主張したが、宗宮英俊
裁判長は「この間も必要になれば、住民らへの応対などの業務に当
たる『待機中』で、残業時間に含めるべきだ」と指摘した。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/368546/16159848

マンションの住み込み管理人の時間外労働の問題を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart