« 京浜ホテル 強制執行糾弾! | メイン | 京都市が臨時的任用職員を募集中 »

2009年1月27日 (火)

連合の専従職員が「名誉毀損された」と連合を提訴

とても大切なニュースだと思います。

注目していきましょう!


◆連合の専従職員が「名誉毀損された」と連合を提訴
 http://www.ktv.co.jp/news/date/20090120.html#0303783

連合大阪が謝罪したことで名誉を傷つけられたと訴える要さん

動画を見る【添付ファイル→20090120n_rengou】
http://www.ktv.co.jp/news/date/20090120m/20090120n_rengou.asx
( 2009/01/21 6:11: 更新)

◆「偽装請負批判で謝罪おかしい」、連合大阪を職員が提訴(朝日新聞社)
 http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK200901200080.html
2009年1月20日
 提訴後、要さんは記者会見で「企業の不正を見逃さず、社会的責任を全うすることを行動指針とする連合のとるべき対応なのか。労働組合は民主主義のとりで。正しく強くあれと言いたい」と訴えた。連合大阪の広報担当者は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

◆連合職員 偽装請負批判で圧力受けた
 http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE090120185200199832.shtml
 要さんは精神的苦痛を受けたとして、連合に500万円の損害賠償を求めていて、「連合は非正規雇用の問題に取り組むと言っているが、形だけだ」と話しています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/368546/18302488

連合の専従職員が「名誉毀損された」と連合を提訴を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart