« 一体なんなんだ、この「労働」のあり方は? | メイン | 京品ホテル、強制執行の可能性濃厚!!とのこと »

2009年1月22日 (木)

「派遣切り」名古屋の状況

名古屋市中村区役所の状況がJANJANの記事になっています。

◆名古屋市中村区役所の非情な対応に家の無い人々が泊り込みで抗議
http://www.news.janjan.jp/living/0901/0901170596/1.php
Esaman2009/01/20
「(略)
 この日は、派遣切りで家も失って、しばらくネットカフェなどに泊まっていたが、お金が無くなってしまった若者、年金があるものの、家が無く、野 宿をしているご老人、派遣切りではないものの、もう半年近くも仕事が無くて困っている、長く日雇いで働いていた人などが、相談の列に並んでいました。
 越冬や炊き出しと比べて、全体的な特徴としては、年配の人も多いのですが、若者が混じっている率が、だんだんと高くなってきている、という点です。
 おそらく、年末に派遣切りをされた人たちは、しばらくは手元のお金で、ネットカフェやカプセルホテルを渡り歩いていると思います。切られた時期 によっては、1月にもう一度、賃金の支払いがある人もいると思います。そのような人たちが、手元のお金を使い尽くして、本当の意味で『路頭に迷う』状態に なってゆく例は、これから徐々に増えてゆくのではないか、と思いました。」

ちなみに名古屋のマクドナルドでは深夜、店内で飲食ができないようになっているという情報もあります。
http://d.hatena.ne.jp/ettou08/20090113

一方、行政側も体制を整えつつあるようです↓

◆【雇用崩壊】「現実そぐわぬ」市町村担当者ら困惑 愛知県の支援策説明会
2009年1月22日
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/koyou_houkai/list/200901/CK2009012202000219.html

「会場からは「離職者支援資金の申請を勧めた人が、窓口の社会福祉協議会で保証人が必要と言われ、あきらめたケースが複数ある」(幸田町)など実際には制約 が多い支援策に批判も。県が、東京の「派遣村方式」を容認し、居住地のない人にも迅速に生活保護受給決定を出すよう求めたことについては「審査が不十分だ と不正受給の問題が起きる」(岡崎市)と疑問視する声が上がった。」

しかし、「派遣村方式」とは?

◆「派遣村」での生活保護活用こそ、法律本来の姿
(生活保護問題対策全国会議blog)

http://blog.goo.ne.jp/seiho_taisaku/e/0c33d4bcd080ce373edc84965c34646a

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/368546/18027308

「派遣切り」名古屋の状況を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart