企画のお知らせ Feed

2008年4月28日 (月)

いよいよ明日です!

いよいよ明日です!smile

★京都 恩恵としての祝日よりも、権利としての有休を!
 メーデーやります(雨天決行、応相談)
 13:30から 三条大橋下、鴨川河川敷でお茶会(お茶を飲みながら話したり叫んだり)
 16:00から デモ出発
 主催:反戦と生活のための表現解放行動★ユニオンぼちぼち
 連絡先:botiboti(at)rootless.org



各地から連帯アピールが届いていますheart

★★茨城「戦時下のいまこそ、私たちにメーデーを!」★★

支配者として振舞ってきた男の生まれた日など祝うつもりは毛
頭ない、できれば憶えていたくもない。しかしこの国にいる限
りその日は私たちを呪縛し続けるだろう。ならば私たちはこの
日を、私たちを縛りつけるさまざまなものどもへの反撃の日と
して記憶し続けよう。
メーデー万歳!
戦時下の現在を考える講座(仮) (戦時下のいまこそ、私た
ちにメーデーを!主催)


★★LOVE&ビンボー春祭りアースデイあいち2008実行委員会★


KY。
空気を読む、読まない。
その『空気』とはなにか?

私達の周囲に、空気のように偏在する権力を、読み違えよう。
私達が、権力になってしまわないために。

出所のわからない暗黙の同意を疑おう。
権力への傾向は、実は、私たち自身の中にもある。

そのな世の中だから、大切なのはAKY。
空気と言う暴力に、迎合せずに生きよう。

あえて、空気を、読まない人々に、心から賛同の意を表明しま
す。

LOVE&ビンボー春祭りアースデイあいち2008実行委員会


★★フリーター全般労働組合書記長/自由と生存のメーデー08
実行委員 山口素明★★

メーデーをたくらみ闘う仲間のみなさんに挨拶を送ります。

人間相互の豊かな関わり合いの中で実現されるべき生存は、い
まや個人の孤立した営為へと切り縮められています。自らの力
を、市場で売り買い可能なものへと変形し、その価格を引き上
げることが生存の条件とされているのです。

その結果、女性と若者の半数が非正規雇用に置かれ、一千万人
が年収二百万円以下で生活する一方で、日々、雇用される能力
を測られて働く正社員が次々と過労死、過労自殺へと追い込ま
れています。また、経営者利得と株主への配当が激増し、厚い
富裕層が形成されることで、あらゆるものが私的所有にさらさ
れ、金も資源も持たないものは、これまで利用してきた公共の
空間や資源からも排除されて危機を生きなければならなくなっ
ています。

生きることを、際限のない競争の果てに与えられる不安定な褒
賞にしてよいはずはありません。私たちがこの世に生を受けた
のは、何も身を粉にして働き続けるためではないからです。東
京で私たちは「自由と生存のメーデー」を呼び掛けています。
自由と生存を引き換えにするのではなく、自由も生存も求める
ためです。生きることはただ働くことではなく、人と出会い、
騒ぎ、楽しみ、別れることのすべてです。この当たり前のこと
を表現し訴えていきます。

仲間のみなさん。私たちが時に労働者、時に消費者として、あ
るいは排除される者として接してきた街を、互いが豊かにかか
わり、生きる場所へと取り戻すために、「よこせ」という正当
な声を各地からあげていきましょう。

自立への孤立ではなく、連帯の中に自律を求めて。


2008年4月27日

フリーター全般労働組合書記長/自由と生存のメーデー08実行
委員 山口素明


★★生存のためのメーデーin広島2008実行委員会★★

さとうです。

広島実行委員会から皆様へのメッセージです。

札幌・仙台・東京・松本・名古屋・岐阜・京都・福岡・熊本の
独立系メーデーの皆様

本日はまことにおめでとうございます。

世の中、強い人の声は政治にもよく届きます。

強い人は放っておいても強くなります。

だのに発言力は強い人が大きい。

これではどんどん格差が広がるばかりです。

弱い立場の人が声を出す場が必要です。

皆様が各地でそのような場を作られていることに心から敬意を
表しますとともに、ともにがんばることを誓います。

生存のためのメーデーin広島2008実行委員会


★★松本「立ち上がれない者たちのメーデー2008 来年こそ立
ち上がるために!」★★

各地でメーデーに立ち上がった仲間たちへ
 松本で「立ち上がれない者たちのメーデー2008 来年こそ立
ち上がるために!」を企画している「立ち上がれない者たち」
です。各地で今日のメーデーに立ち上がった皆様に、深い敬意
と、厚い連帯と、僅かなジェラシーのアピールを送ります。
 多くの仲間たちが不安定な生を強いられる皆さんの町に対し
て、私たちの暮らす松本という小さな町は、不安定な生が認め
られない世界と言えます。それは、我々の求めるような形で全
員に生存が保障されていることでは断じてなく、流動的な労働
力へのニーズが比較的少なく、ネットカフェもほとんど無いこ
の町が、不安定な状態の者を生かしておかない町であることを
意味します。
 もしかしたら、この会場にも、松本市で生活を立てていくこ
とができず、「都会」へ引っ越していった松本の友人がいらっ
しゃるかもしれません。
 ようやく、日中は暖かくなってきた町で、「立ち上がれない
者たちのメーデー」は、伏線を張ります。来年こそ立ち上がる
ために。いつか立ち上がるために。
 立ち上がれないもどかしさの地平から、今ただちに立ち上が
れないことが、未来永劫立ち上がらないことの確約ではないこ
とを高らかに宣言し、歩道を往く人と秘密を共有しよう。
 各地で立ち上がったメーデーと、その背後にあって生まれ出
ることのなかった無数のメーデーの企図に、連帯して。

2008年4月24日 (木)

メーデー各地の動き(4月29日)

sun京都のほか熊本、札幌で行われますsun

★熊本 KY(くまもと よわいもの)メーデー
 時刻 4月29日 13:30
 場所 辛島公園集合
 主催 KYメーデー実行委員会
 連絡先 mayday.kumamoto(at)gmail.com
 ブログ http://maydaykumamoto.blog46.fc2.com/

★札幌 自由と生存の連帯メーデー
 時刻  4月29日 10:00-16:00
 場所 大通公園6丁目(14:00デモstart、18:00より別会場にてアフターパーティー予定)
 主催 「自由と生存の連帯メーデーin札幌」実行委員会
 連絡先 jinken.seikatu(at)hotmail.co.jp 
     080-1875-2668(新保)
 ブログ http://unity-mayday.blogspot.com/

★京都 恩恵としての祝日よりも、権利としての有休を!
 メーデーやります(雨天決行、応相談)
  13:30から 三条大橋下、鴨川河川敷でお茶会(お茶を飲みながら話したり叫んだり)
  16:00から デモ出発
 主催:反戦と生活のための表現解放行動★ユニオンぼちぼち
 連絡先:botiboti(at)rootless.org
 ブログ:http://d.hatena.ne.jp/posada/
     http://blog.kansai.com/unionbotiboti

2008年4月22日 (火)

メーデー各地の動き(4月27日)

sunまずは27日の名古屋からsun

JanJanにも記事があります↓

「NO 貧困〜名古屋行動集会(7)『反貧困フェスタ』に向けてアースデイと協働」
http://www.news.janjan.jp/area/0804/0804034152/1.php

★名古屋 LOVE&ビンボー春祭り・アースデイあいち 2008
 日時: 2008年4月27日(日)10:00〜日没ぐらい(雨天決行)
 場所: 若宮大通り公園
 合同開催  反貧困名古屋ネットワーク&アースデイあいち2008実行委員会
 連絡先 nagoya_p_net(at)mail.goo.ne.jp
     ed-aichi-net(at)hotmail.co.jp
     090-6098-8512 サクラ
 サイト http://earthday-aichi.net/


★まとめページ
「 増殖しよう、そうしよう。」
http://freeter-union.org/mayday/p8.html

2008年4月19日 (土)

★恩恵としての祝日よりも、権利としての有休を!

京都の「反戦生活」とユニオンぼちぼちで、4月29日にメーデーを行うことになりました。

参加をお待ちしておりますsmile


なお、このメーデーは全国独立系「ゴールデンメーデーウィー
ク」に連動しています。
http://freeter-union.org/mayday/p8.html


<転送転載歓迎です>

★恩恵としての祝日よりも、権利としての有休を!

 4月29日、メーデーやります。
  13:30から 三条大橋下、鴨川河川敷でお茶会(お茶を飲
みながら話したり叫んだり)
  16:00から デモ出発

【呼びかけ】

★天皇の恩恵(オンケー)なんていらないぞっ!

4月29日は昭和天皇の誕生日。昭和天皇ヒロヒトが数々の戦争責任をとらないまま死んだあとでも、この日は「みどりの日」と名を変え「国民の祝日」として残りつづけた。

そして昨年「みどりの日」は「昭和の日」となり、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」日と法律に定められた。自分のことを「神」と呼び、数え切れない人々の生命と生活を破壊していった戦争の最高責任者ヒロヒトの誕生日に「昭和」という時代を象徴させることは、そのような無数の「死者」たちへの冒涜に他ならないのではないだろうか?

★休みは休みやん?いちいち考えすぎやし、うちらカンケーないし

 そうだ、休みを休みとして楽しめたらどんなにいいだろう。。

しかしこの日、街のいたるところに「日の丸」が掲げられ、わたしたちはその街の中で「祝日」を祝わされている。

それに、
 恩恵としての祝日は、休みになっても給料が出ない
 権利としての有休は、休んでいても給料が出る

祝日はムリヤリ休まされる「失業の日」っていう人だっている。

 そんな恩恵、祝えねーよ。
 それよりも、給料をもらいながら休める方がよくない?

有給休暇は、特別な職種の人だけにある特権ではない。正社員でも、非常勤でも、アルバイトでも、すべての労働者に認められた権利だ。
日本の有休消化率はたったの50%以下。しかもこの数字は正社員だけの割合だから、アルバイト労働者まで含めたら、実際はもっと少ないはずだ。

★A=あえて、K=空気、Y=読まない

「有休なんてぜってぇムリ」 「サービス残業、アタリマエ」

景気がよくなったと言う人もいるけれど、過労死・過労自殺は減りそうもないし、労働・生活条件はシンドクなるばかり。

そのうえ、自分たちの権利を主張できない。
理不尽なことを「アタリマエ」と思わされ、KY扱いされるのが怖くて、権利を権利として主張することができない。

そんな日々のイライラに押しつぶされてしまう前に。。

AKYで街に出よう
AKYで日々の生活を語り
AKYでデモしよう、日の丸はためく大通りを

 主催:反戦と生活のための表現解放行動★ユニオンぼちぼち
 連絡先:botiboti@rootless.org
 ブログ:http://d.hatena.ne.jp/posada/
     http://blog.kansai.com/unionbotiboti

*「ユニオンぼちぼちの紹介」
 ユニオンぼちぼちは、1人でも、だれでも入れる労働組合(ユニオン)です。
 「ぼちぼち」は正社員じゃなくても、フリーターでも、パートでも、今はたらいてなくても入ることができます(組合費は収入に応じて月500円からです)。また、20代から30代の人が多いです。
 「ぼちぼち」では、「いきなりクビにされた」、「残業代が払われない」、「長時間労働でしんどい」、「有給休暇が取れない」などなど、はたらいていて「どうにかならへんかなぁ」と思うことを、お互いにサポートしあいながら解決していっています。
 また、毎週土曜日(13:00〜18:00)に電話相談をしています。【電話・ファックス番号 075−681−6904】
 メールでの相談もOKです。【botiboti@rootless.org】
 相談にお金はかかりません。また、ささいなことでもかまいません。もちろん秘密は厳守いたします。

第5回長居公園大輪まつり

ユニオンぼちぼちも参加しますsign01smile

【以下、転送転載歓迎です】

大輪まつり、今年もやります!

来る5月17日・18日(土・日)にかけて、長居公園テント村大輪まつりを開催します。

 大阪・長居公園にあったテント村、そこにはさまざまな人が集まり、ともに過ごした。テント村の前の小さい空間には、冬には焚き火、夏には蚊取り線香が焚かれ、不揃いの椅子に不揃いのにんげんが座って、ときにはしっとりと、ときには怒鳴りながら、いろんなことを話したり話さなかったり。襲撃されたらみんなで見張り、アルミ缶集めて、食ってない人におかずを分ける。体がしんどくなって福祉を受けても、ちょくちょく覗きにダベりにくる。ワカモノが来ると、やたらともてなす。酔って暴れてケンカする。

 最後のころまでいたのは20数人、暮らした人は100人以上、そして関わった人は数え切れない。野宿者の現実を知ろうとやってきた人、運動やるぞ、と意気込んでいた人、取材しに来た人、研究テーマにした人、近所の人、歌を歌いにきた人、家がなく、しばらく住んだ人、家があっても泊まってた人、他の公園に住んでいた人、天皇さんにはさからえん人、天皇制解体ー!な人、飲んだらどうしようもない人、飲んでたまるか、な人、エロい人、怒る人、ひとひとひと、、、大輪まつりは、そんな人たちのつながりでできた、奇跡的なまつりだった。野宿の問題を広く知ってもらいたい、音楽・文化的なまつりをやりたい、地域のひとに関わって欲しい。思いはさまざま。ステージを中心に、アルミ缶つぶし競争、青空カラオケ、ファッションショー、飲んで食って歌って、ただぼんやりと眺めて。ジェネレーションや感覚のギャップはでかく、でもそれが同時に、混沌と存在するまつり。

 昨年2月5日にテント村が代執行により文字通り潰されてしまった後も、そこに関わった人たちで、まつりは行われた。けれど、テント村がなくなって、代執行を経験して、それぞれにぽっかり空いた穴。なんで長居でまつりやるんやろう?迷子の犬、まさに。

 …さて、今年もそのなんで?は続いている。長居にはもうテント村はないやん。思い出に浸りたいんかよ。いや、テント村がないから、それが長居にあったから、わたしたちは今年も長居公園でまつりをやる!まつりで、テント村がつくってきたもの、培ってきた空間をまたつくり出す。壊されても、邪魔されても、自分たちであのめちゃくちゃな、ときには心地よい空間をつくって、ひろげてやるんだ。

 働いても働いても、仕事や保険や福祉や人間関係や「社会」から、はじかれる。仕事がしんどい、付き合いがしんどい、お金がない、お風呂入りたい、いじめられる、ゆっくり寝たい、楽しみがほしい!!それぞれの生活に息が詰まってしまう前に、わたしたちの生きる場所を一緒につくろう!

*ただいま、まつりに向けて、ぐちゃぐちゃと準備や議論がすすめられておりますが、何しろ毎年できたのが奇跡のような「テキトウ」さな☆まつりを一緒につくってくれる人を大募集しています!
 当日、荷物搬入や建て込みだけでも、それぞれの出店の手伝いでも、絵を描いたり、案内をしたり、お留守番をしたり、もちろん企画を持ってきて、やっちゃってくれても。それまでにも作業日をいくつか設けたいとおもいますので、ぜひ多くの人の参加をお願いします。まつりや長居テント村関連の情報を共有するための、MLもありますので、参加したい方はご一報ください。

*第5回長居公園大輪祭りは全国独立系「ゴールデンメーデーウィーク」のトリでもあります。
http://freeter-union.org/mayday/p8.html

日時:5月17日(土) 12時〜18時   
      18日(日) 10時〜16時   
場所:長居公園自由広場(テント村のあった向かいの広場)

暫定連絡先:090-1953-0886(中桐)       nagaipark_tentvilla(at)yahoo.co.jp

Ijxjja0v

2008年1月24日 (木)

〜井筒監督と憲法を語る〜

日が迫っておりますが、「憲法を活かす郵政労働者の会」の取り組みをご案内いたします。
郵政労働者でなくても参加できるので、よろしくお願いしますsmile

〜井筒監督と憲法を語る〜
日時:1月27日(日)午後1時45分開場、午後2時15分開会
場所:ラボール京都2階大ホール
参加協力費は500円(中学生以下無料)

2008年1月10日 (木)

「ホームレス法的支援者交流会設立記念シンポ(総会)」のお知らせ

日が迫っておりますが、下記の企画に組合員がシンポジストとして参加しますので、よろしくお願いします。

(H)

(転送・転載歓迎)

2008.1.14「ホームレス法的支援者交流会設立記念シンポ(総会)」のお知らせ

格差と貧困の拡大の中で、究極の貧困問題ともいえるホームレス状態におかれた人々をめぐる状況も依然として深刻であるといわざるをえません。

そんななかで全国各地で路上や自立支援センター等での相談等に取り組んできた私たち法律家・支援者は、法的な観点からの支援について情報交換と交流を深めるべく2004年京都で第1回の「ホームレス法的支援交流会」を開催して以降、年3回から4回程度の交流会を重ねてまいりました。

そしてこのたび、相談・支援体制の充実させ取り組みをより豊かなものにしていくべく、団体として「ホームレス法的支援者交流会」を立ち上げることにいたしました。

そして当交流会のスタートにあたりまして下記のとおり記念シンポジウムを企画しております。まだ年末年始のあわただしさの残る時期の開催ではございますが、皆様ぜひご参加ください。

              記
「ホームレス法的支援者交流会」設立記念シンポ(総会)」
法的支援を必要とするのは誰か?−拡大するホームレス問題−
日時 2008年1月14日午後1時半
場所 旧・東淀川勤労者センター(大阪市東淀川区東中島4-4-4)
(地図 http://www20.big.or.jp/~kkendo/higasiyodogawa.htm
資料代
弁護士・司法書士 2000円
一般 500円
 内容
�NPOダンスボックスによるダンス
�記念シンポ
 「法的支援の必要性−拡大するホームレス問題−」
 生田武志(野宿者ネットワーク)
 黒川渡(くろかわ診療所医師)
 谷口伊三美(東淀川区ケースワーカー、
       薬物依存症からの回復支援・フリーダム常任理事)
 中村研(ユニオンぼちぼち/派遣労働ネットワーク・関西)
 木原万樹子(弁護士・当交流会共同代表予定者)
�NPOココルームによる紙芝居・むすびについての映像作品上映
�各地の取り組みの報告
�当交流会設立総会

(以上)

雨宮処凛と考える反貧困

「生きさせろ! 雨宮処凛と考える反貧困 近畿三都物語」プロジェクトにぼちぼちも参加することになりました。

よろしくお願いしますsmile
(H)

以下、転送転載歓迎↓

======================
生きさせろ! 雨宮処凛と考える反-貧困 近畿三都物語

 「好景気」が続き大企業は史上空前の利益を得ている一方で、日本社会の貧困は拡大し深化しています。
 働いても働いても生活できない「ワーキングプア」が増大し、ネットカフェ難民をはじめ、貯蓄ゼロ世帯、多重債務者などが急増し、自殺者は毎年3万人を超え、国保料を払えず保険証が取り上げられ、医療を受けられず死にいたる人や、生活保護を受けられずに餓死にいたる人など、「健康で文化的な最低限度の生活を受ける権利」(憲法第25条)が侵害されています。
そして、貧困は世代を超えて拡大し、将来の夢を描けないフリーターや非正規雇用が増大しています。
 貧困の拡大は、競争に勝てない人々の「自己責任」ではなく、労働分野での規制緩和や社会保障の給付削減・負担増を推し進めてきた、政府の「新自由主義・構造改革」が生み出したものです。
 ますます生きづらくなっている若者の将来を考えるため、「反貧困」をテーマに、生活も職も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み取材・執筆・運動されている雨宮処凛さんを、神戸・大阪・京都にお招きし、学習・交流企画を開催します。


神戸企画「生きさせろ! 貧困と労働を考えるシンポジウム」(仮)
 日 時 08年2月16日(土)14時〜16時30分(開場13時)
 開 場 神戸市勤労会館 403+404号室
      市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩10分
       神戸市中央区雲井通5丁目1-2 電話078-232-1881
 パネリスト 雨宮処凛さん(作家)
        河添誠さん(首都圏青年ユニオン)
        藤藪貴治さん(北九州大学非常勤講師)
 参加協力費 500円

 ※生活と職に不安を持つ若者を取材されている雨宮処凛さんと、「反貧困たすけあいネットワーク」を立ち上げた首都圏青年ユニオンの河添誠さん、「ヤミの北九州方式」など生活保護問題に詳しい藤藪貴治さんを交え、生きづらい、働きづらい社会をどのように考えていくか交流します。

大阪企画「雨宮処凛と語ろう、Vegasでオーオー!」(仮)
 日 時 08年2月16日(土)19時〜22時
 開 場 LIVE BAR VEGAS
       (大阪・地下鉄長堀橋駅南5分、日本橋北5分)
       大阪市中央区東心斎橋2-1-5ゴールデン第一プラザB1F 電話
06-6211-2620
      
 第1部 雨宮処凛さんトークライブ
 第2部 平和と反貧困の井戸端会議(参加者のアピールタイム) 
      司会 遊牧民
 参加協力費 500円  ワンドリンク500円 
 ※深夜はホストクラブになるVegasで、雨宮処凛さんと「青年の主張」を交流します。
  アピールタイムでの出演も募集してます。
  (市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com まで事前申し込みください。)

京都企画「雨宮処凛と“すごい生きかた”語り合おう!」(仮)
 日 時 08年2月17日(日)午後14時〜16時30分(開場13時)
 開 場 京大会館101号室
      ・京都駅より市バスD2のりば(206)「京大正門前」下車
       ・三条京阪より京都バス17番のりば出町柳経由系統「荒神橋」下車
       ・京阪電車「丸太町駅」下車徒歩7分
        京都市左京区吉田河原町15-9 
電話075-751-8311
 参加協力費 500円
※雨宮さんと参加者で「働くこと、生きること」に関して、
 「しんどい時にしんどい!と言い合える社会」にするにはどうしたらいいか交流します。
※京都市民の皆さん、この日は京都市長選挙の投票日です。
 ぜひ投票に行かれてご参加くだされば幸甚です。
 
<雨宮 処凛 さん プロフィール>
 1975年、北海道生まれ。幼少期からイジメを受け、
 10代はリストカット、家出、ビジュアル系バンド追っかけに使い果たす。
 21歳のとき、右翼団体に入会。愛国パンクバンドで活躍。
 00年、自伝『生き地獄天国』(太田出版)で作家ビュー。
 以後、右は辞め、執筆活動に専念しながらも、北朝鮮、イラクへと渡航を繰り返す。
 現在は新自由主義の中、生活も職も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み、取材、執筆、運動中。
 『雨宮処凛のオールニートニッポン』(祥伝社)
 『生きさせろ!〜難民化する若者たち〜』(太田出版)など著書多数。
 「雨宮処凛公式ホームページ」http://www3.tokai.or.jp/amamiya/

★プロジェクトの協力者募集中
 このプロジェクトは近畿各地の様々な個人・グループ間でゆるやかに結びついて実施しています。
 プロジェクトの趣旨に賛同される方のご協力を募集しています。
 企画費用は、当日の参加費と個人・団体のカンパだけでまかないますので、宣伝や当日のお手伝いなど、可能な限りのご協力いただくだけで結構です。

★事前申し込みなしでも参加いただけますが、
 人数把握のために(市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com)まで
お申し込みいただければありがたいです。
  
主 催 「生きさせろ! 雨宮処凛と考える反貧困 近畿三都物語」プロジェクト
連絡先 市民社会フォーラム NQC41966@nifty.com

======================
Powered by Six Apart